旅行記~ヨーロッパの真ん中から

欧州からの旅を、ひとこと英語と共に綴っていきたいと思います。

LCC vs フルサービスキャリア:欧州内旅行の選択肢

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

昨秋、仕事も兼ねて行ったコペンハーゲン。隣国なので、ベルリンからは1時間の超短時間フライト。ちなみに、6時間程かかるけど、ハンブルグ経由で電車でも行けます。

 

マジョルカ島へはEuro Wings利用だったが、今回はEasy Jetで。これらのLCCは値段が安いこともあるが、欧州内では運行便が非常に多く、ネットワークも路線によってはフルキャリアサービスよりも広い=選択肢が多いということで、欧州内で完結するフライトならLCC一択である。

 

LCCでは機内飲食物は全て有料だが、最近では、フルキャリアサービスの航空会社でも、欧州内フライトだと、水とジュースの二択しかないことも多い。これまでは、コーヒー、紅茶、各種ジュースと色々選択肢があったり、サンドイッチやチップスなどの軽食も出されていたのだが・・・有料で温かい飲み物や食べ物を買うことは可能なので、無料サービスをできるだけなくして、コスト削減の徹底化を図っているのが明らかである。

 

ビジネスクラスだと、食事や飲み物はサービスされるものの、座席はエコノミーと同じ、3人席の真ん中が空いているだけ。(前方の席なので、すぐに降機できるメリットはある。しかし、時々、後方の席から降機ということがあり、以前せっかく最前列の席だったにも関わらず、降機が一番最後になってしまったこともある💦)

 

FSCは機内持ち込み荷物の規制はLCCほど厳しくない、というメリットはあるが、荷物の預入もLCCのようにセルフサービスが増えている。それでも、料金はLCCより高いので、低価格で多くの都市に就航しているLCCの利用頻度は自ずと上がる。

 

そういえば、先日のマジョルカ島からの帰路(Eurowings)は、ドイツの超有名政治家も同じ便で、しかもエコノミー席に着いていた。(河野太郎氏がエア・ドゥに乗っているのと同じ感じ)それくらい、当地では市民権を得ているLCC。

 

今回の搭乗機

LCCあるあるで、出発ゲートはターミナルの端っこ、さらに沖止め。でも、フライト自体は安定していたし、あっという間の1時間、全く不満はなかった。

 

恐れていた遅延も、ラッキーなことに往復共に定刻運行。これはマジョルカ島へのフライトも同様だったので、日頃の行いが良かったのかしら?

 

欧州内の旅はこちらから

 

★今日のひとこと英語★

LCC:Low-cost carrier 格安航空会社 (直訳「低価格で運ぶもの」)

動詞にerをつけると、「--する人、もの」という意味になります。

 

FSC:Full service carrier   フルサービスキャリア(JALやルフトハンザなど従来型の航空会社)

 

応援して下さると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

海外ランキング