旅行記~ヨーロッパの真ん中から

欧州からの旅を、ひとこと英語と共に綴っていきたいと思います。

JAL国際便機内エンターテインメント~40年ぶりに釘付けになった往年の大人気ドラマとは?:「客室乗務員」は英語で何という?

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

今回のヘルシンキ便は南回りでしたので、オーロラ鑑賞のチャンスには恵まれなかったものの、見事な夕陽を楽しむことができました。

 

日が沈み、外は真っ暗になり、自然のエンターテインメントがなくなると、いよいよ機内エンターテインメントを楽しむ時間となります。

 

JALの機内エンターテインメントは洋韓邦画からドラマ、日本のバラエティやドキュメンタリーまで充実していて、どれを見るか迷ってしまうのですが、まず私がチェックするのは日本のお笑い。

 

JAL便ならではのコンテンツです👍

 

海外生活を送る中で、無意識に日本語や日本の文化に飢えているのかもしれません。

 

搭乗時に必ず見るのがこちら。

帰国してしまえば、リアルタイムで見ることはあまりないのですが、欧州からの帰国便では懐かしさもあって、必ず見てしまいます。

 

木久扇師匠には、是非とも長生きしてもらいたいです。

 

そして、こちらも。

さんまのツッコミは健在で、機内にいることを忘れて、つい声を出して笑ってしまいます。

 

そして、今回JAL特別企画として放映されていたのがこちら。(ちょっとぼけ気味ですが…)

昭和生まれの方は懐かしさを覚えるのではないでしょうか?

 

80年代に大ヒットした「スチュワーデス物語」

 

JALが全面協力して、主人公の「ドジでのろまな亀の松本千秋」が客室乗務員になる夢を叶えていくこのドラマをサポートしていましたね。

 

当時、小学生だった私も、毎週夢中になって見ていましたが、40年後に再びJAL機上で見ることになるとは!

 

その頃は、飛行機に乗ったこともなく、当時アイドル全盛時代の堀ちえみが出演している、ということで見ていましたが、今は全く別の視点で楽しむことができました。

 

まず、堀ちえみや春やすこなど、研修生たちの演技はお世辞にも上手とはいえない(というか、棒読みオンパレードでよくドラマに出演できたな~、というレベル)のですが、脇を固める俳優陣が素晴らしい。

 

風間杜夫の教官姿の凛々しさよ!⇒当時は、ただのおじさんにしか見えなかった💦

 

片平なぎさの美貌と演技のうまさ⇒当時は、怖いおばさんにしか見えなかった💦

 

石立鉄男の名バイプレーヤーぶり⇒当時は、変な髪形のうざいおじさんにしか見えなかった💦

 

今は亡き石立氏も、当時は若かった

圧倒的な美貌と迫力の演技の片平なぎさ「ヒロシ~」

 

また、当時は、羽田は国内線、成田が国際線の中心だったので、客室乗務員の寮もそれぞれの配置によって、二拠点でした。

 

ドラマの中で訓練生の夢は、成田から飛び立つこと。

 

テストに合格すると、羽田の寮から成田の寮へ引っ越していきます。

 

しかし、堀ちえみ演ずる松本千秋だけは、最後まで合格することができず、風間杜夫扮する教官と羽田に残って猛特訓する、というエピソードでした。

 

「やるっきゃなーい、やるっきゃなーい!」と自己鼓舞するフレーズも40年ぶりに聞きました(笑)

 

今は、羽田にも国際線ターミナルができ、国際便発着も成田から移りつつあるので、時代の変化を感じました。

 

実は、復路では成田を利用したのですが、賑わう羽田とは反対に、閑散としていて驚きましたよ。

 

さらに、驚いたのがこちら。

当時は、外国人客へのおもてなし、ということで、客室乗務員が機内で着物に着替えて接客する、ということがあったらしく。

 

ドラマ中でも「15分以内にトイレで着物に着替える」というテスト項目があり、松本千秋も奮闘していました。

 

今では考えられないサービスですね。

 

堀ちえみが来ていた当時のJALの制服も、タイトなワンピースで動きにくそうでした。

 

題名にも、今は使用しない「スチュワーデス」という言葉が入っていますし。

 

というわけで、色々な意味で時代の移り変わりを感じ、40年前と同じ位、のめり込んで鑑賞したドラマでした。

 

↓DVDでも見れるようです↓


【楽天市場】大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 前編

 

★今日のひとこと英語★

"Cabin crew, please be prepared for landing."

客室乗務員は、着陸の準備に入って下さい」

これは搭乗時にパイロットがよく使うフレーズですので、飛行機に乗ったら耳を澄ましてみてください。

 

他にも、flight attendant という言い方もしますね。

 

しかし、このドラマでも使われていた「スチュワーデスstewardess(女性)」や「スチュワード stweward (男性)」という表現は、性別を指定する表現を用いない傾向にある昨今は、使われません。

 

1レッスン500円英会話【ワンコイングリッシュ】

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました!

 

応援して下さると嬉しいです♪

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ ヨーロッパランキング英会話ランキング