旅行記~ヨーロッパの真ん中から

欧州からの旅を、ひとこと英語と共に綴っていきたいと思います。

オランダ王宮前の人だかり~ロイヤルファミリーのお出まし?!:「国旗」は英語で何という?

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

アムステルダム運河沿いの「アンネの家」を見た後は、王宮に向かいます。

 

オランダは王国なので、街灯の上にもクラウンが!

街路灯一つとっても、可愛い色とデザインでした。

 

王宮のあるダム広場を目指して歩を進めていくと、王宮の裏側が見えてきました。

裏口にも警備の兵隊さんが立っていました

それにしても、何だかものものしい雰囲気です。

やたらと警察官が多い王宮裏口付近

ただならぬ雰囲気を感じつつ、王宮の正面の方に向かってみると、人がどんどん増えていきます。

王宮の前はすごい人だかり!

さらに、黒塗りの車が沢山走っていたので「これはロイヤルファミリーのお出ましかしら?」と期待して宮殿周辺をよく見てみると・・・

王宮前ではためく旗たち

オランダ国旗とフランス国旗が交互に飾られています。

 

縦(フランス)か横(オランダ)かの違いだけで、両方とも赤、白、青の3色ストライプですね。ちょっと紛らわしい?

 

フランスに王政はありませんから「政府関係者の訪問?」と思いながら、正面玄関の方に目を向けてみると、タキシードをかっちり着こなした男性や、豪華なロングドレスを身にまとう女性たちが次々と黒塗りの車から降りてきます。

 

そして、彼らをおとぎ話に出てくるような服装に身を包んだ王宮関係者や兵隊さんたちが出迎えます。

「一体、誰が来るのかしら?」と心を躍らせつつ、周りの人たちの話を聞いていると、どうやらマクロン大統領の訪問だとか。

 

フランス政治家のトップなら、ドイツのTVニュースで日常的に目にしていますし、段々寒くなってきたので、退散することに。

 

それにしても、この後は「これぞヨーロッパ!」というような、ゴージャスな晩餐会が開かれたのでしょうね。

黒塗りの車が次々と到着する王宮前

ところで、このオランダ王宮は、アムステルダム中央駅から徒歩10分。

 

日本の皇居も東京駅からすぐですし、さすがロイヤルファミリーは、国の中心、一等地にお住まいですね。

 

さて、そのままダム広場へ向かうと、すぐに目に入ってきたのが、この戦没者慰霊塔。

兵隊さんたちがガードしていた戦没者慰霊塔

これは第二次世界大戦で犠牲になった方々への慰霊塔で、上皇上皇后陛下も訪問されたとか。

 

ここでも世界平和を祈りつつ、帰路につきました。

 

★今日のひとこと英語★

The national flags of France and the Netherlands  were displayed in front of the palace.

「宮殿前にはフランスとオランダの国旗が飾られていました」

 

旗はflagですから、国旗はnational flag ですね。

 

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました!

 

応援して下さると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ ヨーロッパランキング英会話ランキングPVアクセスランキング にほんブログ村