旅行記~ヨーロッパの真ん中から

欧州からの旅を、ひとこと英語と共に綴っていきたいと思います。

ディープなアムステルダム中央駅周辺~マリファナ、売春、中華街、何でもあり?!:英語で簡単に反対語を作るには?

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

アムステルダム中央駅は東京駅のモデルとなったことでも有名ですが、噂に聞いていた通り、駅から出たとたんに、マリファナ(大麻)の匂いがしました💦

東京駅のモデルになったアムステルダム中央駅

オランダではマリファナ(大麻)は合法ですから、中央駅から歩いていると、すぐに、マリファナバーやコーヒーショップと呼ばれるマリファナが吸えるカフェが見えてきます。

大麻の葉っぱの絵が象徴的なマリファナバー 

どうりで匂うわけですね。

 

しかし、路上の売人から大麻を買うことは禁止されているようで、こんな看板も目にしました。

路上での取引は違法です

さらに歩いて行くと、運河から細い道が沢山出ている歓楽街に入りました。

路地裏にも大勢の人が歩いています

では、もう一つ、オランダで有名な合法なことは何でしょうか?

運河沿いにそびえる売春博物館

答えは、売春です。

 

しかし、いわゆる「立ちんぼ」は禁止されているので、赤いカーテンの向こうに、女性が立っているそうです。

 

昼間だったので、さすがにカーテンは閉められていましたが、売春博物館を始め、いくつもの「飾り窓」が軒を連ねており、マリファナカフェとも相まって、独特な雰囲気を醸し出していました。

 

さらに、このエリアには中華街もあります。

1階部分は中華っぽく、2階以上はオランダの建物というミックス具合が面白かったです。

こちらは、横浜中華街にもありそうなお寺。

お寺

ドイツにはベトナム人街はありますが、中華街はないので、なんだか懐かしい気にもなりました。

 

運河を始め、マリファナカフェに飾り窓、中華街、それに王宮まで、全て中央駅から徒歩圏内!

 

何でもあり、というか、非常にリベラルなアムステルダムの多様性が垣間見え、なかなかディープなアムステルダム駅周辺散策でした。

 

 

 

 

 

★今日のひとこと英語★

It's illegal. 「違法です。」

legal「合法である」という形容詞に、"il-" をつけると、反対語の illegal「違法な」という言葉になります。

このように "il-" "in-" "im-"という接頭辞には、反対の意味がありますから、覚えておくと便利ですね。

例:possible -> impossible 

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました!

 

応援して下さると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ ヨーロッパランキング英会話ランキングPVアクセスランキング にほんブログ村